月別アーカイブ: 2015年10月

携帯料金を遅延すると、信用情報に傷がつく

携帯電話を払えないと、信用情報に傷がついてしまい、ローンが組めなくなる可能性が出てきますのでご注意下さい。
ローンが組めないと闇金に頼らざるを得なくなります。

最近ではソフト闇金というのがはやってるので注意です。

ただ、ほかの人が返済し続ける事に、闇金業者が了承すればローンを返済し続けながら持っておくこともできます。全てのソフト闇金がなくなるのが自己破産制度となります。借金で辛い毎日を送っておられる方には喜ばしい助けの手ですよね。ただし、メリットばかりではありません。当然、デメリットもあります。

家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりません。また、おおよそ10年間ほどはブラックリストに登録されてしまう為、新たな借り入れは、行えなくなります。債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、最初に気にするべき問題は着手金及び以降かかって来る経費のことです。着手金の相場は一社ごとに二万円ほどとなっています。時に着手金は受け取らないという法律事務所も見かけますが、これは同時に過払い金還付請求がある人に限るので、注意して依頼してください。

この間、債務整理のうち自己破産という方法を選び、無事に処理が完了しました。毎日思っていた返済できない、更に延滞してしまったらどうなるのかという不安から自由の身となることができ、精神的にかなり楽になりました。これなら、もっとずっと前から債務整理しておくべきでした。個人再生をするにも、認可されないケースが実在するのです。個人再生をするためには、返済計画案を出すことになるのですが、裁判所でこれが通らないと認めてもらえません。普通の事ですが、不認可となってしまえば、個人再生は望めません。自己破産というのは、借金を返すのがもう確実にできないということを裁判所に理解してもらい、法律上で、借金をなくしてもらうことができるシステムです。生活する際に、最低限、要する財産以外のものは、すべてを手放すにことになります。日本の国民であるならば、誰でも、自己破産をすることが可能です。